法律顧問(顧問弁護士)

弁護士 坂東利国

坂東の弁護士としての仕事は、弁護士登録から約10年ほどは、個別案件業務、すなわち交渉・訴訟案件が中心でした。このため、個別の案件処理をしながら、常に、予防法務、リスクマネジメントに力を注ぎたいと考えてきました。
経営弁護士となってからは、企業や社労士の皆様から法律顧問をご依頼いただく件数が増え、現在は予防法務に注力できるようになりました。

弁護士の強みは、問題が「紛争化(案件化)」したときに、代理人として案件を担当できることにあります。代理人としての案件担当の経験を積んでいれば、予防法務(リスクマネジメント)の場面において、実際に紛争が訴訟等に持ち込まれた場合のことを踏まえたアドバイスができます。

弁護士と継続的にお付き合いし、日常的に様々なお問い合わせをいただき、紛争化したときには案件の委任をするといった顧問業務をお考えの場合は、法律顧問をご検討ください。

法律顧問のメリット
  • 継続的に予防法務のコンサルティングを利用できる(一般の法律相談は継続的な相談を予定していないので、前回の相談内容を前提とした相談対応はお約束していない)
  • 原則として、個別の法律相談料はかからない
  • 事案になった場合に代理人となることを意識した責任ある相談対応を受けられる
  • 来所のほか、電話、オンライン、メール、チャットなど、適宜の方法により相談を受けられる(一般の法律相談は来所が原則)
  • 一般の法律相談は利用しにくい軽微な相談(簡単な契約書のレビューや労務対応の是非の確認的な相談など)ができる
  • 法律問題の相談かどうか迷うような相談もできる(年金や社会保険など社労士に適するご相談は社労士の先生、税務など税理士に適するご相談は税理士の先生と協同したりご紹介するなどして対処しています)
  • 個別案件を依頼する場合に、着手金の割引がある
  • ハラスメントや情報セキュリティなどの社員研修が割引価格になる

なお、古い考え方かもしれませんが、法律顧問においては、顧問先企業と長くお付き合いすることを前提に考えております。ですので、一時的な事案処理や契約書作成・チェックの増加のために一時的に顧問の形でご利用といった態様は、基本的には考えておりません。ただし、個別案件を受任する場合などは、報酬等を分割払いの形にして、お試しで法律顧問業務もさせていただくということはしております。お試し期間でご納得いただければ、その後も法律顧問を継続していただいております。
ただし、個別案件を受任する場合などは、報酬等を分割払いの形にして、お試しで法律顧問業務もさせていただくということはしております。お試し期間でご納得いただければ、その後も法律顧問を継続していただいております。

ただし、個別案件を受任する場合などは、報酬等を分割払いの形にして、お試しで法律顧問業務もさせていただくということはしております。お試し期間でご納得いただければ、その後も法律顧問を継続していただいております。

顧問契約の料金

  • 顧問契約のプランと料金については、こちらをご確認ください。

取扱業務について

ご参考のため、坂東の取扱業務やこれまで扱ったことのある分野については、 取扱業務・経験分野 に掲載しました。

所属事務所

 東京エクセル法律事務所 

東京都港区虎ノ門1丁目1番3号 磯村ビル5階
TEL 03-3503-0921(代表)
FAX 03-3503-0923

お問い合わせについて

法律顧問(顧問弁護士)に関するお問い合わせは、お問い合わせフォームかお電話(代表)をご利用ください。
その際、お問い合わせの趣旨(法律顧問の問い合わせ)、事業者名・ご担当者名・ご連絡先お電話番号をお伝え下さい。
ご紹介者がいる場合は、ご紹介者のお名前、坂東のセミナーを受講された方であれば受講されたセミナー名をお伝えください。
法律顧問のお問い合わせや見積もりに関する打ち合わせの料金はいただきません。

お問い合わせ